温泉旅館 その2 | tamalog
文鳥とウサギと管理人のブログ(日記)「たまろぐ」
温泉旅館 その2
お盆休み、私たちは岐阜県下呂市の小坂温泉郷(おさか おんせんごう)
下島温泉(したじま おんせん)に行った。

本当は小坂温泉郷の濁河温泉(にごりご おんせん)に行きたかったのだが
あいにく宿が取れず(たしか…トイレ付きの部屋が空いてなかったから、あきらめた)

日帰りできそうな距離だけど、南木曽や開田高原とか
御嶽山周辺(長野と岐阜の県境の辺り)をドライブして
素敵な景色を探しに行こう!と楽しみに計画を立てた。

なのに・・・

旅館を予約した日の朝、天気予報は雨(苦笑)
細い山道を通る予定だったので、雨だと不安・・・
しかたがないのでドライブは中止し、1日目は旅館に行くだけ…ってことで出発!


お昼前、岐阜県中濃から飛騨地方はものすごい雨だった。

七宗町の道の駅で撮った写真(これを撮ったあと、暗くなってものすごい雨が降った)


この辺りを、飛水峡(ひすいきょう)と言うらしい。
上流はもっともっと素敵な景色で、甌穴(おうけつ)などが見られる。
普段はキレイな水だが、この日はちょっと濁っていた・・・



白川町 『白川橋』(JR高山本線、白川口駅近く)

大正15年完成の古い吊橋。土木遺産


反対側から・・・

ここでまた雨がひどくなり、急いで引き返した


お昼ご飯は、クオーレふれあいの里『さかなワクワク公園』で・・・

あゆ定食・・・だったか、名前は忘れたけど
鮎の塩焼きと、鮎雑炊のセット。1,000円

鮎雑炊にも、鮎の身がたくさん入ってるぅー♪



この日の目的地、小坂の名勝「巌立峡(がんだてきょう)」




「まぁ、明日も来るし…テキトウに写真とっとこーっと!」

って次の日
もう一度来たけど、ここの写真を撮らずに帰った・・・(苦笑)


さて、タイトルが「温泉旅館」なので、旅館の写真も


下島温泉 仙游館

どこか懐かしい感じのお宿


私が育ったところにも、古い温泉旅館があって
そこよりは新しい建物だけど
田舎を思い出させ、そして泉質もなんとなく似ていて・・・

お盆に帰省しなくとも、帰省したような
そんな不思議な気分になった


実は、私は高校生のとき、旅館でアルバイトをしていた。
3階建ての旅館だったから、料理を3階まで運ぶときが大変だった。

食事と昼寝付きのアルバイト・・・あぁ、懐かしいなー




家族風呂、広い!
二人で入るのが、もったいないくらい広かった!!


ここの旅館、露天風呂は混浴だったよ・・・(/ \)イヤン

私は知らない男性と一緒にお風呂に入るなんて、耐えれん!
絶対に無理だ!!
(同じお湯につかるなんて、なんか気持ち悪い・・・)


お食事 ( ̄¬ ̄) ジュル・・・



岩魚の塩焼き




日記 2012年 comments(0) -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>